【新年の縁起物】取引先へのお祝いギフトを紹介


お正月の祝い方.com
本文へジャンプ
長寿の祝い.comのトップページへ

お正月飾り
飾り付け
門松
しめ飾り&しめ縄
鏡もち
床の間飾り
生け花

神棚
お供え物と並べ方
神棚の交換
お札の交換

食べ物
食べ物
おせち

風習
風習
初詣
書き初め
遊び

お年賀
挨拶回り
品物
相場
のしの書き方
お返し

縁起物
熊手
だるま


達磨の紹介
商売ダルマ
福ダルマ
長寿祝い
結婚記念


達磨販売店
高崎だるま販売店の鈴屋





>【新年の縁起物】取引先へのお祝いギフトを紹介

新年の縁起物である福だるま


新年の縁起物:福だるま

◎様々なご利益を少しずつ願う方におすすめ

 

 こちらの福だるまは、ご自分のためにお買い求めになるのはもちろん結構ですが、

 

「取引先への新年度の贈り物」

 

「ビジネス相手の外国人が喜ぶ日本独自のプレゼント」

 

「取引先との記念セレモニーのイベント品」

 

「お祝いのコメントを寄せ書きし、プレゼントするためのメッセージグッズ」

 

などとしてお買い求めいただくのにもおすすめな開運グッズです。

 

 

「福だるま」お腹には「福」の文字、顔の左右には「家内安全」「大願成就」の文字が書かれております。

 

 福だるまは、色々なご利益を少しずつ招き寄せ、叶えたい願いがある方に最適です。

 


だるまの目入れ・2 だるまの目入れ・1

だるまの目入れについて

1.願い事がある方が、左側(正面から向かって右側)に願いを込めて左目を入れてください。

2.願いが叶ったら右側(正面から向かって左側)に、感謝を込めて右目を描いてください。

 仮に願い事が叶わなくても、区切りとして、年の終わりや年度の終わりには右目を入れてご供養ください。

そして、新しいだるまをご購入いただいたあと、あらためて、願いを込め、左目をお入れになってください。



  高崎だるま通販サイト 鈴屋

だるまの取り扱い通販サイトについて


 こちらの「高崎だるま」は、「だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。

高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイトへのリンク


  福だるま

新年の縁起物
福だるま
詳しくは「福ダルマ」のページをご覧になってください

  商売だるま

商売繁盛の縁起物
商売だるま
詳しくは「商売ダルマ」のページをご覧になってください

  長寿祝いだるま

長寿祝いの縁起物
長寿祝いだるま
詳しくは「長寿祝いダルマ」のページをご覧になってください

  結婚記念だるま

正月の贈り物
結婚記念だるま
詳しくは「結婚記念ダルマ」のページをご覧になってください


  

縁起物の意味やマナーについて


☆おせち料理について

 

☆おせち料理の由来

 

「おせち」というのは「節会(せちえ)」「御節供(おせちく)」の略で、昔は

 

人日(じんじつ)・正月7

上巳(じょうし)・33

端午(たんご)・55

七夕(たなばた)・77

重用(ちょうよう)・99

 

「五節句などの節目に出される料理」「神に供える料理のすべて」が「おせち料理」と呼ばれていました。

 

 

☆おせち料理の意味とレシピ

 

 お正月におせち料理を食べるのは、「神に供えたごちそうを皆でいただく」という意味と、「神様を迎えている間は煮炊きするのを慎む」ということからきています。

 

 

 伝統的なおせち料理は4段重ねが正式。壱の重から与のまでで春夏秋冬をあらわします。

 

 壱の重は「祝い肴」、弐の重は「口取り肴」、参の重は「焼き物」、与の重は「煮物」というのが正式ですが、最近では参の重、弐の重のおせち料理も増えています。

 

お正月のおせち料理

 

 

☆おせちの食材の意味

 

☆黒豆1年の邪気をはらってまめに暮らせる。

 

☆かずのこ:にしんの卵で、「ニ親」に通じて子宝に恵まれる。

 

☆こぶ巻き:「喜ぶ」に通じる。こぶはお正月だけでなく、おめでたい席には欠かせないもの。

 

☆ごまめ:田作りともいわれ、豊作を祈願するもの。

 

☆伊達巻き:卵は子孫繁栄の象徴。

 

☆なます:神聖な色「白」と慶事の色である「紅」を、大根と人参であらわしたもの。

 

☆里芋:子芋が多いことから、子孫繁栄を願う。

 

☆頭芋(かしらいも):人の先頭に立てる。

 

☆れんこん:穴があいていることから、先が見通せる。

 

☆結びこんにゃく:むつみ合える。

 

☆えび:目が出ているため、「めでたい」に通じる。老人のように腰が曲がっているので、長寿を願う意味も。

 

☆ぶり:出世魚であることから、出世を願う。

 

☆鯛:恵比寿さまが釣り上げた、めでたい魚。

 

 

 

☆お花について

 

☆素材のお花

 

 正月は別名「松の節句」ともいわれ、したがって、祝い花も松が主役になります。

 

 おめでたい松、竹、梅のほか、福寿草、葉牡丹、水仙、千両、椿、雪柳などを飾ると正月らしい雰囲気になるでしょう。

 

 

☆床の間の飾り付け

 

 床の間に飾る花は、掛け軸の図柄とのコーディネートも考える必要があります。

 

 書の掛け軸の場合には花材は自由ですが、掛け軸に植物が描かれている場合は、その植物を避けて祝い花を整えます。

 

 

☆玄関の飾り付け

 

 玄関などの花はあまり煩雑にせず、やや丈の長い花材を選んで飾るようにします。

 

 

 

「冠婚葬祭 お金とマナー」より

 

「冠婚葬祭とマナーの基本事典」より

 



「関連ページ」

【お正月の熊手】由来や酉の市を解説
【お正月の縁起物】達磨の交換時期や供養方法を解説
【商売繁盛の縁起物】日本独自の贈り物を紹介
【長寿祝いの縁起物】誕生日プレゼントを紹介
【正月の贈り物】帰省の手土産を紹介


お正月の祝い方.com | お正月の過ごし方を解説

長寿の祝い.comのトップページへ



 運営情報  サイトマップ  グーグル

Copyright©2018 お正月の祝い方.com All Rights Reserved.